赤ちゃんが話すまでに起きていること(赤ちゃん学へようこそ)」に面白いことが書かれてあります。

生後半年ごろから出てくる喃語は言葉なのでしょうか。どうもそのようだ、ということを示唆する研究があります。脳の中で言葉をつかさどる部分は、ほとんどの人は左半球にあり、左半球は体の右側の機能を支配しているので、大人は通常、言葉を発するときに口の右側がよく開きます。赤ちゃんがいろいろな声を出している時の顔をビデオに撮っておき、顔を半分に分けて口の左右の開きを解析すると、喃語ではない発声の時は左右の口の開きに差はありませんでしたが、喃語を発声している時はやはり、口の右側の開きが大きくなりました。喃語が意味を含んでいるかどうかは分かりませんが、言語をつかさどる左半球のコントロールが強いことから、少なくとも“話し言葉の前駆体”と考えていいようです。(麦谷綾子・NTTコミュニケーション科学基礎研究所主任研究員)

口の開き方で、口から音声を発しているときの脳の働きの様子が推測できるというのは、面白いですね!

また、赤ちゃんの言葉のリズムや音声上の特徴が、割と早い時期から母語の特徴を伴っているということも紹介されています。

言語にはそれぞれリズムや音声の特徴があります。私が行った研究で、ある日本人の赤ちゃんが5歳になるまでの声とお母さんの声を収録し、そのリズムを解析しました。すると、赤ちゃんの声は月齢が上がるにつれて、だんだんお母さんの話す日本語のリズム特徴に近づいていき、25カ月にはお母さんの発声リズムとほぼ同じ状態なりました。つまり赤ちゃんは2歳よりも前にお母さんの発声をひな型に言葉のリズムを獲得しはじめて、2歳ごろには母親と同じようなリズムで話すようになる可能性が考えられます。

発声に母語の特徴が現れるのはもっとずっと早いことを示す研究もあります。ある研究者がドイツ人とフランス人の新生児の泣き声を分析し、声の強さと高さを調べました。ドイツ語は最初の音が強く、高いという特徴がありますが、ドイツ人の赤ちゃんの泣き声もまさに同様でした。フランス語の特徴は語尾が伸びがちで、後ろの音が強く高いことですが、フランス人の赤ちゃんの泣き声も最初の部分より後ろの方が強かったのです。つまり、新生児の泣き声の高さと強さの変化の特徴はそれぞれの「母語」の音声特徴に一致したのです。この結果から、赤ちゃんは胎児期におなかの中でお母さんの発声を学習していると考えられます。

これらの事実から、赤ちゃんは母親やその他の養育者との相互的なやり取りを通じて、母語(「母国語」ではない)の音声的特徴(リズムやイントネーション)を学習し、喃語などで再現することを通じて、言語能力を発達させていると言えるでしょう。その土台のもとに、子音や母音の発声が学習され、それらの組み合わせと意味が結びつき、言葉として獲得されていくのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です