英語の絵本や歌を本当に効果的に使って指導していますか?

おこがましいと言われるのを承知で書きます。新しく始まる日本の小学校英語教育において、最初に英語の音を聞く力を育てるなどとうたわれているけれども、教師も、教育研究者も、その本当の意味と手段を理解していない。
英語の音はただ英語の発音だけ考えていてはだめなのだ。英語のリズムとイントネーションを正しくつかむこと、これがどんな言語を習得するうえでも最重要なことなのに、それがまったく指導者からは伝わってこない。

子ども達の英語の理解や習得を助けるために英語の絵本や手遊び、チャンツ、歌を導入するのは重要で効果的だが、それが英語本来のリズムからかけ離れた調子で行われている現実。
それがどれほど子ども達の英語習得の妨げになっているか、指導者の方々は理解していないだろう。

今日、絵本、チャンツ、歌などを英語教育の教材として取り入れることを研究されている方々の実演を見て、本当にがっかりしてしまったのだ。
こんなのじゃ、子ども達は英語の楽しさを感じることはできない。ましてや「まるごと」教師のあり方を取り込むことのできる時期に、このような形で「英語」が入ってしまうのは、デメリットのほうが大きいのではないか。

なぜ、本場アメリカやイギリスの人々による「お手本」がCDでいくつでも見つけられるような英語の読み聞かせを、残念な形でやってしまうのか。今ではYoutubeなどでいくらでも、お手本を探すことができるのになぜそれが探せないのか。イギリスで研究してきた方や、その道の研究者、プロですら、こんな指導実演しかできないのか。じゃあ現場の先生方は、いったいどんなことをしているんだ。

私は、今までのさまざまな経験を通して、英語のリズムと音楽のリズムと身体の動きを連関して習得することで、英語という言語を効果的に習得できると直感した。それから英語の言語学、音声学、第二言語習得論、脳科学、ダルクローズやオルフの音楽教育理論、音楽的リズムのトレーニング方法、英語の発音をよくするメソッド、アメリカ手話、フォニックスなどなど、ありとあらゆる本を読み漁った。そして、自身のダンスフィットネスの指導経験も取り入れ、自分の直感を裏付けし、肉付けし、実践してきた。
だから英語教育に関しても音楽教育に関しても、すべて独学だ。だけど、だからこそ、既存の理論に縛られることなく、自分の気づきにたどり着くことができたのだと、自信を持って言える。そしてその気づきが、日本では(おそらく世界でも)まったく気づかれていないし、下手したら抹殺されかねない、ということも理解している。

だから一つ決意したことがある。
私は日本で、英語の手遊びうた、アクションソング、リズムを効果的に取り入れた英語の読み聞かせ、これらを教える指導者のロールモデルになる。
小学校の外国語活動、英会話教室、プリスクール、英語リトミックや英語で教えるダンス教室なども含め、日本で行われているさまざまな英語の活動において、手遊びや歌を行う教育的意義や効果的な指導方法(そしてやってはいけない指導方法)をきちんと説明でき、実演までできる「ロールモデル」がいないのは、英語教育における問題の一つだと思う。
私は英語のリズムと動きと音楽のプロとして、日本での指導者のロールモデルとなって、それを身をもって示していく。必要な情報を伝え、広げてゆく。
それを形にしたものが、「Rhymoeプラクティショナートレーニング」なのだ。

私一人で、影響を与えることのできる子ども達の数は限られる。だけど多くの指導者が変わっていけば、日本の子ども達はどんどん変わっていく。日本の英語教育も、どんどん変わっていく。それを信じて動いていきます。

 

一般社団法人英語リズムムーブメント協会(ERMA)
Rhymoe考案者

石川良美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください