プロフィール

石川良美

一般社団法人英語リズムムーブメント協会(ERMA)  代表理事
Rhymoe®創立者、エデュケーター

fi_0836_crop

  • 長年のアメリカでの子育てや音楽経験、幼稚園教師、日本語教師、ダンスインストラクターなどの経験を通じて、英語、音楽、動きの奥深い相関性に気付く。
  • 音楽と動きを効果的に使った、全ての年代に有効な英語教育のメソッドRhymoe(ライモー)を考案。
  • これからの日本の英語教育に必要な「ことばの身体性」を身につける大切さを伝えるべく、「一般社団法人 英語リズムムーブメント協会」を設立。

大阪府出身、兵庫県明石市在住。
京都大学教育学部教育学科卒業。

小学4年生よりトランペットを演奏し、小学校では金管バンド、中学校・高校では吹奏楽部に所属。大学時代には京都大学交響楽団に在籍し、佐渡裕氏をはじめとする国内外の著名な指揮者・音楽家による指導を経験するとともに、楽団内での真摯な音楽への取り組みを通じて、音楽への感受性を深めた。

アメリカ在住合計8年(6年+2年)。8年間にアメリカで3人の子どもを、シュタイナー幼稚園、モンテッソーリ幼稚園、公立小学校・中学校・高校に通わせ、アメリカの教育現場を体験する。また2003年~06年にはアメリカ・ニュージャージー州プリンストン日本語補習校にて幼稚部教師を務める。

2012年アメリカ・インディアナ州でダンスフィットネスと出会い、Shoshanah Rileyのもとでダンスフィットネスを学ぶ。2014年8月に日本に帰国、同年12月よりダンスフィットネス・インストラクター、Zumba®公式インストラクターとして活動を開始(Y’s Dance Fitness)。

2014年より日本語教授法を学習、2015年10月に日本語教師養成420時間講座修了。日本およびアメリカにて日本語教師経験あり(アメリカでは英語による間接法教授、日本では直接法教授)。

2015年9月、子どもに英語でダンスを教えてほしいという依頼を受け、リサーチを進める中で、日本で開発された幼児向け英語教材の音楽のリズムやダンスデモのノリが、アメリカで発売されている幼児向け教材のそれらと非常に異なることに疑問を持つ。

独自に調査研究を重ねた結果、
①人が潜在的に持っている身体のリズムや動きの傾向は、母語との言語リズムに影響される
②同様に音楽も、その音楽が発生した土地の言語リズムに影響を受ける
③特定の言語が持つリズムと、その言語が発生した音楽のリズム構造を理解し、それらに意識的に「身体的に同化する」活動を通じて、特定の言語や音楽を効果的に習得・理解できる
、という仮説を確信した。

これらは「言語(英語)」「音楽」「ダンス」という分野をリズムが繋いでまとめるようなイメージとなる。 しかし各分野または2つの分野をまたいでリズムが大切、と主張する研究者は存在するが、3つすべての分野をまたいで研究している人が皆無なことに気付く。 そして2015年11月、それをRhythm(リズム)、Movement(動き)、English(英語)からそれぞれ文字を取って組み合わせ、”Rhymoe(ライモー)”と名付けてメソッド化することを決意。
2016年7月、Rhymoeのロゴを商標登録(商標第5852633号)。

 

8年に及ぶアメリカ生活とアメリカ文化の中での子育て、20年以上のトランペット演奏、幼稚園教師や日本語教師の経験、アメリカでのダンスフィットネスとの出会い、そして現在の日本におけるダンスフィットネス・インストラクターとしての経験と知識を融合した、ユニークなRhymoe®(ライモー)メソッドは、現在月1回バイリンガル幼稚園にてレッスンを行うほか、単発講座として実施(明石にて定期レッスンの開講を検討中)。
また未就学児の親子クラス“Rhymoe® Kids(ライモー・キッズ)“として、明石にて定期的に開講中。

また、2018年から開始となる小学校3年生からの外国語活動、および2020年の東京オリンピックに向けて、これからの日本の英語教育に必要な「ことばの身体性」を身につける大切さを伝えるべく、2017年2月、一般社団法人英語リズムムーブメント協会(ERMA)を設立。英語リズムムーブメントの理論をお伝えするワークショップを提供開始。