Rhymoe®ワークショップ

リズムと動きを使って英語のリズムを感じ、自然な英語を習得する心と身体を作るアクティビティ「Rhymoe®(ライモー)」と、そのベースとなる「英語リズムムーブメント」の理論についてご紹介するワークショップです。

◆Rhymoe®プラクティショナートレーニング

 
●英語リズムムーブメント(以下ERM)の概論を学んでみたい!
●ERM理論を用いて、幼稚園や小学校の外国語活動・教科、 英語やリトミックなどのレッスンに生かしたい!
●英語子育てにERM理論を取り入れてみたい!
という方に向けての、Rhymoe(ライモー)®入門講座です。
 
講座は、1回3時間 × 2日の計6時間
 
修了後にはプラクティショナー講座修了書をお渡しします。
概論と実習を学んで頂くことで、所属教育機関での指導が可能となります。
 
 
※次回の開催予定
<新川崎> 6/13(水)夜 +6/27(水)夜
<明石>  6/17(日)午後+7/8(日)午後

詳しくはこちらをご覧ください!

Download (PDF, 943KB)

英語リズムムーブメントとは、英語のリズムと身体運動を連動させ、楽しく効果的に英語を習得するための手法です。これは英語のリズムと身体運動との関わりを認識するだけでなく、日本語のリズム感と英語のリズム感の違いをきちんと認識したうえで、英語のリズムを身体を通して取り込むということが、非常に需要です。それによってはじめて、生きた英語、コミュニケーションするためのツールとして機能する英語を習得することができるのです。

身体を通じて英語のリズムを取り込む際、音楽的要素を組み合わせるとさらに効果が高まります。本来の英語のリズムを伴った音楽は、聞いているとわくわくした気持ちになります。そしてその音楽に同調するように体を動かすとき、人は、音楽と一体になった感覚を味わいます。そういった「音楽のリズムとの身体的同調」を、英語という言語の習得のために効果的に使用する。それが「英語リズムムーブメント」です。そしてRhymoe®(ライモー)は「英語リズムムーブメント」の考え方を用いたメソッドの名称で、リズム(Rhythm)、動き(Movement)そして英語(English)を組み合わせて作った造語です。


 

<内容>
●英語と日本語のリズムの違い
●日本人と欧米人の動きの違い
●英語と西洋音楽との関連性
●日本の英語教材の問題点
など、英語、音楽、動きに関する様々な話をさせていただきます。その後、Rhymoe®クラスで行っているアクティビティのいくつかを実際に行い、「英語のリズムに体を同調させる」「英語のリズムを体で感じながら英語を口ずさむ」ということを、体で感じていただきます。受講後、参加者に「Rhymoe®入門コース」修了書を発行させていただきます。

<受講料>15000円

※現在行っているRhymoe®レッスンと同等のものを指導できる 「Rhymoe®インストラクタートレーニング」のSTEP1トレーニングと兼ねております。 Rhymoe®インストラクターにご興味のある方は、まずは こちらのプラクティショナー講座を受講ください。
 

====================================

<ワークショップ参加者からのコメント>

  • 日本カホン協会・冨士正太朗先生
    「リズムとダンスと英語を合体させた全く新しい取り組み!研究を、重ねたインストラクターの石川さんがスーパーハイテンションでお伝えする、最高に、楽しい時間をお楽しみ下さいm(_ _)m
    リズムマン{打楽器奏者、ベース奏者、ピアノ奏者、ダンスミュージックをされている方、ジャス等のブラックコンテポラリーをされている方}、音楽愛好家、英語の先生、ダンスの愛好家も唸る、楽しい、楽しすぎる、自然に学べる、リズムを楽しめる、英語を楽しめる、そんな時間を石川さんと過ごせば、新たな発見があるはずです。
    私も、久しぶりにこの様な方と出逢い燃えてます!是非ご紹介、ご参加下さいm(_ _)m楽しいですよ〜〜( ◠‿◠ )」
  • ダンサー/ダンスフィットネスインストラクター Mikiさん
    「よしみさんの開発した、ライモーでわかったのはダンスだけでなく、言葉についてもリズムにのることが大事だと言うこと。ダンスやダンスフィットネスで使用される(西洋)音楽のリズムを感じ、リズムに「身体でのる」ことを知ること。
    言語が持つリズムを、身体を通じて理解することが「西洋音楽のリズムにのる」ことにつながる。その考え方を用いて、英語・音楽・ダンスのリズム感覚を同時に養うというメソッドです。ご興味ある方、ぜひ体感してみてください。」
  • Sさん
    楽しすぎて時間を忘れました!
    それにライモーを受けてみて、日本語のリズムと英語のリズム、日本の曲のリズムと洋楽のリズムの違いがなんとなく分かってきました。
    不思議だけど、サルサとかで先生がパパ、パーン!と言って動く時、私は頭では分かるけど、体がついてこなくて、足と手がこんがらがってバタっとコケそうになるのが、ライモーを受けたらすぐに体が動いてきたのがびっくりです!(;゚Д゚)!」
  • Yさん
    今までの英語の学習とは違う観点に深く共感しました。日本語が悪いというのではなく、英語と日本語の根本的な違いは、本当にこれだ!と思いました。
  • Iさん
    「英語と日本語の違いなんて考えたこともなかったので、なるほどーでした。ズンバを習ってから娘は洋楽がますます大好きになり、CDをほしがります。自然とリズムに体が動くなぁと思いましたが、ライモーをうけて納得でした。これまた受けたいです!」
  • Hさん
    「子どもも楽しめるような先生の話し方が良いー!お話がうまい!わかりやすくて、アクティビティもアメリカの幼稚園に行ってるみたいでかわいくて楽しかった」
  • Mさん
    「来る前におそらくJazzChantsに似ているものかなぁと想像していて、それよりさらに開発が進んだものでした。すごく新しかったです」
  • 小学生Hちゃん
    「今日ひさしぶりにおどってたのしかったし、せつめいもわかりやすかったし、知らなかったえいごも知れたからうれしかったしたのしかったです」

◆Rhymoe®英語絵本読み聞かせ講座

幼稚園、保育園、小学校、またはご家庭でも、英語のリズムを楽しみながら英語の絵本読み聞かせをしたい方対象のワークショップです。
Rhymoe(ライモー)®では英語のリズムに親しむために、絵本を効果的に使用します。数ある英語の絵本の中から、ことばのリズムが楽しい絵本をご紹介し、その効果的な読み方についてご説明いたします。

私、石川はかつてアメリカで子育てをしていた頃(2004年ごろ~)、日本人向けの読み聞かせグループ「たんぽぽおはなし会」にて2年以上活動。また同時期、プリンストン日本語補習校幼稚部にて、在米日本人や日本人の親を持つ子どもの保育を3年間行い、独自の教材を作成したり、読み聞かせも積極的に行っていました。そのため、絵本読み聞かせの経験は豊富にあります(^^) 今思えばその時も、得意としていたのは「関西弁のリズムが心地よいおはなしの紙芝居」でした(笑)
 
英語での読み聞かせの目的はいろいろあると思いますが、「英語のリズムの良さ」を絵を見ながら味わうことは、とても楽しく、効果的なアクティビティになります。この講座では以下の内容についてお話しします。
 
・英語の絵本をリズムよく読むコツ
・実際に読み聞かせをやってみよう!
・読み聞かせからの発展アクティビティ
・英語のリズムが楽しい絵本の紹介

※先にRhymoe入門講座の受講をお勧めします。
所要時間:1時間半
参加費:2500円

クービック予約システムから予約する


◆Rhymoe®チャンツ講座

英語リズムムーブメントを体感するのに効果的なRhymoe(ライモー)®チャンツを、幼稚園・保育園・小学校・子育てサークルなどで活用するためのワークショップです。

・なぜRhymoe(ライモー)®チャンツが英語のリズムを身体でつかむのに効果的か
・参加者に英語リズムムーブメントを導き出すための指導ポイント
などをご説明します。

※先にRhymoe(ライモー)®入門講座の受講をお勧めいたします。
所要時間:1時間半
参加費:2500円

クービック予約システムから予約する

=============================================

出張ワークショップ

参加者が5名以上集まった場合は、出張ワークショップをさせていただきます!
出張の場合は上記参加費に加えて、下記についてご了承ください。

●会場をご用意ください。会議室、和室、ダンススタジオなど、音出し可能で動きやすい場所の確保をお願いします。鏡はなくて構いません。会場は参加者全員で手をつないで大きな輪になれる広さが必要です。
●明石からの交通費実費をいただきます。

※内容は柔軟にカスタマイズできます!
「Rhymoe Move(ダンスプログラム)をつけてほしい」
「音楽家向けの内容にしてほしい」
「小さい赤ちゃん連れのママさん向けに開催したい」
などのご要望がありましたらお気軽にお尋ねください。柔軟に対応させていただきます。

詳しくはお問い合わせください!