Rhymoeプログラム

Rhymoe®とは、言葉のリズム、身体の動き、英語の言葉やリズムを融合させた、ユニークなプログラムです。2019年11月末現在、延べ7000名以上の方に実践いただいています。



それぞれの言語には固有のリズムがあります。
Rhymoeでは英語のリズムをボールがポンポンと弾むような「バウンシングリズム」、日本語のリズムを、足をひとつひとつ踏みしめるような「ストンピングリズム」と表現します。


本来「ストンピングリズム」の日本人が、欧米他世界の人々に通じる、生きた英語を習得するためには、身体の動きを効果的に用いて英語の「バウンシングリズム」とともに習得することが非常に重要となります。


Rhymoeでは様々なアクティビティを通じて、子どもから大人まですべての人が楽しく効果的に「バウンシングリズム」の動きに入っていき、それによって英語が「身体にしみ込む」ように構成されています。
そして英語を習得するために大切な心と身体の土台を築いてゆきます。

詳しくは下記「10分でわかるRhymoe(ライモー)」をご覧ください。

発達・年齢別のプログラム構成

Rhymoe®は年齢や発達に応じて、3つのプログラムをご用意しています。

Rhymoe Baby
(ライモーベイビー)

首すわり(5か月前後)からよちよちさん(1歳半前後)までの親子プログラム。おひざ遊び、手遊び、楽器遊び、子どもを抱っこしながらのダンスなど、バラエティに富んだプログラムです。1クラス45分程度

Rhymoe Kids
(ライモーキッズ)

歩き始め(1歳半)から4歳程度までの親子プログラム。親子で一緒に、エッグシェイカー遊び、手遊び、感覚遊び、ダンスなどたくさん動いて遊びます!1クラス45分程度

Rhymoe Jr.
(ライモージュニア)

5歳から小学2年生程度までの親子プログラム。英語の手遊びやなわとび遊び、リズムの良い絵本などを使い、保護者や友達とともに英語を口ずさみながら体を動かして、英語の音やフレーズに親しんでゆきます。
また英語の音と文字の関連を、音楽と身体の動きを使って学ぶ「フォニックス」の導入も行います。1クラス50-60分

Rhymoeクラスの特徴と効果

    (全クラス共通)
  • 歌、おひざ遊び、手遊び、楽器遊びを通じて、英語のリズムを身体で感じ、表現する
  • 子どもの発達に即したプログラム構成
  • 視覚、聴覚、触覚、運動感覚など多感覚を刺激する方法
  • 子どもや保護者一人一人の個性を大切にする、和やかで自由な雰囲気
  • 運動能力、認知能力、社会性、情緒、表現力をはぐくむ
  • 親子のふれあいの促進
  • 身体によるコミュニケーションスキル、協調性の向上

  • (Jr.クラス)
  • シンセティック・ フォニックス➡ 多感覚による文字と音との関連を学ぶ
  • リズムや動きを意識した英語の 再現 <聞く 話す 読む>(「書く」は自宅学習へとつなげる)

Yoshimiクラス

Rhymoe考案者であるYoshimi(石川良美)のクラスは下記のページをご覧ください。

Rhymoe開講場所一覧

トレーニングを修了したRhymoe認定インストラクターも、各地でクラスを開講しています。ぜひ足を運んでください!

Rhymoe Lite(ライモーライト)

Rhymoeの理論を様々な教育現場で実践・活用するための短縮プログラム。英会話教室、リトミック教室、体操教室、保育園など、続々と実践が始まっています!