お申し込み受付中

バウンシングリズム入門

Rhymoeは英語のリズムを「弾むようなリズム」と捉えています。
英語を話すときには、自然と「弾む動き」が出てきます。
そこでRhymoeでは英語のリズムを「バウンシングリズム」と呼んで、
身体の動きを用いて英語のリズムを習得する方法を取ります。

「バウンシングリズム入門」では、なぜバウンシングリズムと呼ぶのか、
そして英語らしいリズムを作るために、身体のどのように使うのかについてわかりやすくお伝えします。

言葉のリズムは「伝える」ために大切なもの

どんな言葉にも、独自のリズムがあります。
英語には英語のリズムがあり、日本語には日本語のリズムがあります。
そしてそのリズムは、「意味を理解するため」、「意味を伝えるため」に必要なものです。

英語のリズムは「弾む」ようなリズム

英語のリズムは一般的に「強弱のリズム」と言われています。
強く言う部分が、ほぼ等間隔で現れてきます。

それだけでなく、英語を話すときには、強弱のリズムをつけようとして
自然と「弾むような動き」が伴います。

欧米人の中には、話しながら
腕をぐるぐるとまわしたり、全身を軽く上下に動かしたりする人を見かけませんか?
それは、英語の「弾むようなリズム」を出そうとして、自然と
「弾むような動き」が出てくるからなのです。

このように、「言葉のリズムには身体の動きを伴う」という考え方を用いて、
Rhymoeでは英語のリズムを「バウンシングリズム」と呼びます。

日本語のリズムは「踏みしめる」ようなリズム

一方日本語は、一つ一つの音(かな)をしっかりと踏みしめるように、同じ長さ・強さで言うリズムを持っています。
そのため、日本語を話すときには、一つ一つの音を出すたびに踏みしめるような動きを伴います。
そこでRhymoeでは日本語のリズムを「ストンピングリズム」と呼びます。

母語の干渉

上のように、英語のリズムと日本語のリズムも大きく違います。
そして、そのリズムを生み出すための身体の動きも、大きく違います。

ここで問題なのが、英語のリズム感覚を学ぼうとすると、日本語のリズム感覚、つまり
「日本語の身体の動かし方、日本語の身体のモード」が邪魔をしてしまう、ということです。

これを「母語の干渉」と呼びます。
日本人のいわゆる「カタカナ英語」は、この母語の干渉の現象の一つです。
カタカナ英語には、言葉のリズムの感覚が、大きく関係しています。
そしてこの「母語の干渉」は、意識していないと気が付かず、結構手ごわいです。

そこで母語の干渉を理解しつつ、「英語の身体のモード」を身につけると、
英語のリズムを自然と感じやすくなります。
そして、英語らしく声を出すことができるようになります。

バウンシングリズム入門の内容

  • 英語の音と日本語の音の違い
  • 英語のリズムと日本語のリズムの違い
  • バウンシングリズムとはなにか?
  • 英語モードの身体の動かし方のポイント
  • 身体を動かして英語らしく声を出す練習

講師:石川良美

一般社団法人英語リズムムーブメント協会 代表理事
児童英語教育研究家
Rhymoe®(ライモー)考案、開発者

詳しいプロフィールはこちら

開催日程

2月24日(金)10:00-11:30

3月22日(水)10:00-11:30

4月18日(火)11:15-12:45

受講料

単発 8,800円

WISH音素入門バウンシングリズム入門フォニックス入門がセットになったパッケージ「Rhymoe基礎講座(理論編)」もございます。現在詳細ページを準備中です。興味がある方は、下記フォームからお申し込みの際に「Rhymoe基礎講座(理論編)希望」と備考欄にお書きください。こちらから折り返しご連絡いたします。

お申し込み方法

お申し込みフォームよりお申し込みをお願いします。

お申し込みフォームの公開は1月20日(土)の予定です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました