お申し込み受付中

本物の英語力につながる”からだ”と”こころ”を育てる教育プログラム、Rhymoe(ライモー)

Rhymoe(ライモー)®ってなに?

Rhymoe(ライモー)- Rhythm x Movement x English 英語のリズムと身体の動きで、あと伸びする英語力の土台を作るプログラム

Rhymoe(ライモー)ってなんのこと?
これは、「リズム」「動き」「英語」を組み合わせた造語です。

言葉や音楽のリズム、身体運動、英語を融合させて
「英語の自然なリズムを習得する」ための心と身体を作る
今までにないユニークなコンセプトの英語教育メソッド
私たちはRhymoe(ライモー)と呼んでいます。

全国にいるRhymoe認定インストラクター約20数名とともに
2015年11月以来、延べ20,000名以上の方に実践しています。※オンライン含む

 

Rhymoeが生まれたきっかけ

2015年、当時ダンスフィットネスインストラクターをしていた石川が、子ども向けの英語ダンスクラスを依頼されました。

せっかくならば英語でダンスを教えるだけでなく、少しでも英語が身についたほうがいいのではと考えました。そのために日本で販売されている英語教材を使って教えようと考えたのです。

そこでレビュー評価の高い英語教材をいくつか取り寄せ、その中に収録されていた
「ホーキーポーキー」というダンスの曲を聞いた時に愕然としたのです。

「なんだろう?この音楽じゃあ踊れない、私が楽しくない! これでは私、英語を教えられない!」「英語の発音がきれいな人が歌っているのに、なんでこんなに楽しく感じないのだろう?」

何とも言いようのない違和感を感じたことに大きく興味を持った石川は、英語教育、音楽、ダンスに関する本を探しました。

そしてある日、「言語リズムには身体の動きを伴う」ということ、そして
日本人の英語教育専門家が、往々にして日本人の重い足取りのリズムが英語と異なることを理解していない」と書かれた著書

増補版 わらべうたとナーサリー・ライム」(晩聲社、鷲津名都江、1997)
に出会い、ハッとしたのです。

 

「日本人には日本人の身体の動きの傾向があって、それを無視して英語教育を考えることはできない。
でもそれを理解している英語教育関係者がいないから、『聴いても踊りたいと思えない英語音楽教材ができてしまうのだ…」

「それは踊りたいと思えない、以上の何か大きな問題を持っている気がする…」

「今の私には英語も、音楽も、そしてダンスも知っているから、全部つながっているイメージが見える…」

「じゃあ、ダンスフィットネスでやっているように、先に英語の身体のモードに導いて、
その上で英語のフレーズを言ってみたら、日本人にも英語がすんなり入るんじゃないか?」

と、ふとアイデアが浮かんだのです。

これまでのアメリカ子育てを含む英語とのつきあい、20年以上の音楽経験、そしてダンスフィットネスインストラクターとしての経験が、一つに結び付いた瞬間でした。

そして英語と音楽、身体の動きは、すべて「リズム」でつながっているという図を描き、そのコンセプトを「リズム」「動き」「英語」の3つの頭文字をとってRhymoe(ライモー)と名付けたのです。

初めてRhymoeのワークショップを行ったのは2015年11月、兵庫県西宮市でした。
たくさんの親子さんが受けに来てくださいました。
そして受講者の反応を見て、このコンセプトは間違っていないと確信しました。

そこからさらに英語教育、言語学、教育学、幼児教育、音楽教育、心理学、脳科学などに関する様々な本を読み、理論を学びつつ自身のクラスで実践をしながら、独自のRhymoeの理論と手法を確立してゆきました。

英語教育3つのポイント

Rhymoeでは、「英語本来のリズムを身体全体を使って習得する=英語力の土台を作る
のに最適な時期を、乳幼児期から小学低学年程度としています。

その時期に英語教育がおさえるべき3つの重要なポイントがあります。

①英語本来のリズムや音を体感すること(リズム)
②音楽の効果を最大限に使って、音楽的に英語に触れること(音楽)
③身体を使って楽しいと感じながら英語に親しむこと(動き)

 

英語のリズムを身体で感じることができると、本能的に楽しく感じます。
思わず英語のフレーズをいっしょに口ずさみたくなります。
いっしょに身体を動かしたくなります。
そして知らず知らずのうちに、フレーズを口ずさみ、身体でフレーズを覚えてしまいます。

「まるで、英語が身体にしみ込んでいくみたい…」それがRhymoeなのです。

参加者の声

Rhymoeで聞いたりダンスした音楽は、驚くほどよく覚えています!しかも日本語の童謡の覚え方と違って、いきなりフレーズで歌うので、すごいプログラムだなぁとしみじみ思っていました。
ライモーのおかげで、保育園で自然と英語が出るらしくどうやって勉強させてるんですか?って最近よく聞かれます。
Rhymoeを初めて受けた時、子供の表情がすごく活き活きワクワクしていて、まだ幼い頃は本人の本当の”好き”がなかなか分からないのですが、これは確信しました。
他にも保護者の方から下記のような声も多数頂戴しています。
自分は英語が苦手だが子どもに英語に触れさせてあげたいと、Rhymoeに1年通っているうちに、自分もなんだか洋楽や英語のドラマが聞き取れるようになりました。

英語と日本語のリズム

言葉の「リズム」は、話す内容を理解したり、伝えたりするために重要な役割を果たします。

みなさんは、英語と日本語のリズムは大きく異なることをご存知でしょうか?

英語には強い音と弱い音があり、強い音が規則的な間隔で来るリズムを持ちます。
そして英語を話すとき、ボールが弾むような(bounce)身体の動きが伴います。
そのためRhymoeでは英語のリズムを「バウンシング・リズム」と呼びます。

それに対して、

日本語は音の「高さ」で意味を表し、一つ一つの音の長さと強さが同じリズムを持ちます。
日本語を話すとき、一つ一つの音を踏みしめるような(Stomp)身体の動きが伴います。
そのためRhymoeでは日本語のリズムを「ストンピング・リズム」と呼びます。

このように、言葉のリズムは、自然と身体の動きを伴います。
「それぞれの言葉には固有のリズムがあり、身体の動きを伴う」と唱えたのは、
第10代うたのお姉さんでもある、鷲津名都江氏です。
自身の童謡歌手としてのキャリア、そしてロンドンでのナーサリーライム研究を通じて、
英語にはボールが弾むような動きを伴う「バウンシングリズム」が備わり、日本語には常に下方向に足を踏みしめるような動きを伴う「ストンピングリズム」が備わっている、と提唱しました。

そして大切なことは、

「英語の身体の動き=英語の身体モード」がつかめないと、英語のリズムを習得できない

ということなのです。

母語の干渉

「母語の干渉」は外国語を学ぶとき、外国語の特質が母語にない場合に影響を及ぼすことです。

例えばRefrigeator(冷蔵庫)という言葉には、たくさんの日本語にはない音素が含まれているため、日本人が聴くとなかなか音が聞き取れない、ということが起きます。これは音の干渉です。

母語にない外国語の音を言おうとするときに、類似する母語の音素に置き換えることも母語の干渉の一つで、「母語の転移」または「置き換えの体系」と呼ばれます。例えば日本人が”Rule”と言おうとするとき、”r” の音は日本語にないため、類似する「ル」の音に置き換えて発音します。これが母語の転移に当たります。

この辺りは英語教育専門書でもよく扱われている内容です。

英語の身体のモードにする重要性

多くの日本人が英語を身につけるのに苦労するのは、身体モードに起こる母語の干渉が理解されていないから。
言い換えると、「英語の身体モードにする」重要性を知らないからです。

日本人は常に日本語で話し、聞き、考えるため、日本語のリズムを感じ取る身体のモード、
すなわち「ストンピング身体モード」になっています。

日本語の身体モードのまま、つまり「ストンピング身体モード」のまま、英語を話したり、聞いたりしようとするとどうなるでしょう?

いわゆる「カタカナ英語」になって伝わりにくくなったり、ネイティブスピーカーの話す英語が聞き取れなかったりします。

英語と日本語のリズムは大きく違うので、意識的に身体のモードから変えないと、英語を聞き取ったり、通じる形で話したりできないのです。
これが日本人の英語学習の「大きな壁」になっているとRhymoeでは考えています。
この現象も母語の干渉といえます。

 

そのような現象は、英語にとどまりません。
英語の言語と大きな関わりを持つ西洋音楽や、その西洋音楽を用いるダンスにおいても、このような「母語の干渉」が見られるのです。
硬くて重い音楽のリズム、カクカクとしたダンスの動き、「盆踊り」のようなリズムの取り方など、多くの日本人が苦手と感じるこれらの現象は、言葉のリズムと身体モードから引き起こされているのです。

 

非常に厄介なのが、英語教育にこれらの音楽や動きに関する知識が必要だということです。

英語教育では、英語のリズムを習得するためにチャンツ(メロディーのない歌)というものを教材として使用します。
しかし日本人が作成した場合には本来の英語のリズムと大きく異なったものがほとんどです。

それはむしろ、英語のリズムの習得を妨げかねません。
なぜなら、「本来の英語のリズムと大きく異なるものを学ぶ=英語本来のリズムを習得できない=英語の意味が理解できない、伝わらない」に通じるからです。
つまり英語のリズムを身につけようと、日本で作られたチャンツの英語教材を使えば使うほど、英語本来のリズムから遠ざかってしまう。英語をますます理解しにくくなる。といった皮肉が起きるのです。

しかしながら、日本の英語教育専門家、音楽の専門家(編曲家、演奏家など)、動きの専門家(ダンス振付師、ダンサーなど)で、このようなことを理解している方はほとんどいません。
それは日本の英語教育の教材などを確認すれば、明らかです。

Rhymoeワークショップでは、日本と欧米の英語教材を聞き比べ、どのように身体で感じるのか、どのように異なるのかを体験していただくコーナーがあります。同じことを言って(歌って)いるはずなのに日本と欧米の教材でこんなに違うのかと、皆さんびっくりされるコーナーです。興味をお持ちの方はぜひRhymoe入門講座、そしてRhymoeワークショップを受講ください。

Rhymoeのコンセプト

Rhymoe理論で大切なポイントは、
子どもは言葉を、音楽的に、身体を動かしながら身につける
という考え方です。
そのためRhymoeでは、音楽を使って身体を英語モードにしたうえで、身体を動かし、英語を口ずさみながら習得するというアプローチをとります。

①日本語の影響を受けていない、英語本来のリズムを使う
音楽を効果的に使う
身体の動きを効果的に使う
「リズム x 音楽 x 動き」この3つの要素を連動させることがポイントです!

3つの要素を連動させると、子どもたちの身体に「英語が染み込む」ように入っていきます。
そして、英語を聞き取る力(理解)+ 話す力(伝える)=「英語力の土台」】を作り、育むことができるのです!

 

Rhymoeでは、英語の言語リズムの動き「バウンシングリズム」を使って、効果的に英語を習得するための手法(英語リズムムーブメント*)を用います。
*English Rhythm Movement: 商標登録第5994851号


①まず身体のモードを「バウンシングリズム」のモードにします。
②次に、様々な身体運動を用いて、英語をリズムよく口ずさみます。
③それによって、英語が自然に、「身体にしみ込むように」入っていきます。

一般的な英語教室で行われているような英語の歌、手遊び、ダンス遊び、楽器遊びといったアクティビティが、Rhymoeの考え方に沿って行われると、子ども達にとって楽しく効果的なアクティビティに生まれ変わります。そして日本語モードによる影響を最小限に抑えながら英語力の土台をしっかりと作ることができるのです。

 

英語のリズムと身体の動きのおはなし(解説ビデオ)

えいごのリズムと身体の動きについて、Rhymoeクリエイター石川がわかりやすく解説したビデオを作成しました。ぜひご覧ください!(約10分)

Rhymoe(ライモー)メソッドについてー英語のリズムと身体の動きのおはなし

 

石川良美(Rhymoe®クリエイター)

京都大学教育学部卒業
アメリカ在住8年、アメリカで3人の子育てを経験。
日本語補習校幼稚園教師、日本語教師、トランペット奏者、ダンスフィットネスインストラクターなどを経験。
2015年、言語と身体の動きとの関連に注目し、Rhymoe(ライモー)®を考案。
2017年、一般社団法人英語リズムムーブメント協会(ERMA)を設立。

詳しいプロフィールはこちら

タイトルとURLをコピーしました