リズム×動き×英語を文字につなげるライモーフォニックス

子ども達はどのように言語を習得していくのでしょうか?

赤ちゃんは周りの大人たちや子どもたちの話す言葉をまるごとインプットしていきます【聞く】。

それから少しずつ音を声に出し、単語になり、文で話せるようになっていきます【話す】。

5歳前後くらいから文字の形を認識できるようになっていきます【読む】。

年齢を重ねるごとに知っている文字が増え、読める言葉が増え、最終的に文章を書けるようになっていきます【書く】。

聞く、話す、読む、書く。これが言語習得の自然な流れなのですが、日本の英語教育は英語力の根っこである「聞く・話す」のところが欠けた状態で、「読む・書く」からスタートしがちです。これは英語学習の最初でつまずく子どもが多い理由のひとつなのです。

Rhymoe Phonicsでは、まずは英語を声に出すところからレッスンが始まります。自分の声に出した言葉から、音と文字を抜き出します。そしてそれを組み合わせて読んだり書いたりしていきます。

自然な言語習得の過程にそって作られたメソッドだから、子どもたちは生きた英語=本物の英語のリズムを伴った話し言葉と一緒に読み書きを学んでいけるのです。

フォニックスとは、話し言葉としての英語を文字につなげる読み書き学習。実際に読み書きを学ぶ前に、自分の言葉として声に出せるということがとても大切です。

英語を学ぶのが初めての子どもたちでも、Hand Clapping(手遊び)を通してなら、楽しく英語を口にすることが出来ます。ゲーム感覚で何度も繰り返すことで、英語のリズムや音の感覚が、自然と身体に染み込んでいきます。

Hand Clappingでたくさん声に出した言葉から、その日に学ぶ音と文字を抜き出して、発音の練習をします。自分が知っている言葉から音を抜き出すことで、ただの記号としてではなく、生きた言葉の一部としての実感を持つことが出来ます。

文字の形の練習をします。最初に先生が書くのをよ~くみて、その後一緒に指を動かしていきます。

文字の形を確認したら、実際に鉛筆を持ってワークブックに書いていきます。小さい子は文字の形がだいたい合っていればOK。小学生は4本線を意識して書く。年齢に合わせた学びが出来るよう、講師は子どもたちをサポートします。

子どもたちにとって身近な4つの単語を使って、その日に学んだ音がどこにあるかなクイズをします。catという言葉はcとaとtで出来ている、という感覚を養います。(英語の音を知らずに日本語の音の感覚でいると、キャ・ットという2つの音で出来ているように感じてしまいます。)

その日に学んだ音がどこにあるかを聞き分けられるようになったら、今度はそれを読むクイズをします。1文字ずつ読んで、くっつけて単語にして自然な英語の発音で読む。これをブレンディングと言います。

その日に学んだ音や、それまでに習った音を聞き取って、書くクイズもします。英語を英語の音で理解しているから、聞き取った通りに書けるようになっていきます。(英語の音を知らないと、日本語の音の取り方になったり、ローマ字につられていらない母音が入ってしまったりします。)

その日に学んだ単語が入っているチャンツ(短い英文)を、リズムにのって唱えます。英語のバウンシングリズムにのって言うことで、連結や脱落などの感覚が養われ、自然な英語の発話につながっていきます。

関連教材のRhymoe Phonics Card Gameで遊ぶことで、それまで学んだ音や文字、チャンツを楽しく復習することができます。また、未習のカードにも触れることで、その音を学ぶレッスンの時に「その言葉知ってる!」という子どもたちの自信にもつながっていきます。

おうちでもご家族みなさんでカードゲームを楽しんでください。

関連教材の購入はこちら

フォニックスのワークブックだけでは、出会える言葉の数に限りがあります。たくさんの言葉を知ってほしいから、英語絵本の読み聞かせもRhymoe Phonicsでは大切にしています。

Rhymoeが選ぶ絵本は、どれも英語の音やリズムが楽しいものばかり。読み聞かせを通して、英語のリズムを感じ表現できる身体の土台作りをしていきます。

Rhymoe Phonicsで英語の読み書きを学ぼう

言葉を音で分解してしりとりが出来るようになり、鉛筆を持って一人で字を書けるようになったら、英語の読み書き学習である“フォニックス”の始め時です。

Rhymoe Phonicsではただ英語の読み書きを学ぶだけでなく、子どもの言語習得の過程を踏まえた理論に基づき、自然な英語のリズムや音のつながりも身につけることができます。
≫ Rhymoe Junior Classの詳細はこちら
≫ Rhymoe Phonicsを導入している全国の教室一覧はこちら

文字に興味を持ち始めたらRhymoe Kids-Phonics

文字に興味を持ち始めたら、Kids-Phonicsでアルファベットの形と音に親しみます。オリジナルのチャンツストーリーを使いながら、自然な英文の中でリズミカルに文字に触れていくことができます。Kids-Phonicsを始める目安は、5歳前後、えんぴつを持って線をかけるようになる頃です。
≫ Rhymoe Kids Classの詳細はこちら

Rhymoeメソッドをもっと知りたい大人の方へ

子どもも大人も夢中になる、Rhymoeはこうして生まれました

Rhymoe考案者石川良美と英語リズムの出会い、Rhymoeメソッドの特徴、音とリズムを文字につなげるRhymoe Phonicsの誕生と発展…Rhymoeにこめられた思いを紹介します。

Rhymoeをもっと知りたい

Rhymoeについてもっと知りたい方は、無料セミナーにご参加ください。指導者向けトレーニング無料説明会も同日開催しています。

Rhymoeを学びたい

Rhymoeメソッドの軸である、英語のリズムと英語の音について3時間で学んでみませんか?どんな教材を使っていても必ず役に立つ、英語教育を考える上で書かせない理論です。保護者の方も、講師の方も受講できます。

Rhymoeを伝えたい

Rhymoeメソッドを使ったレッスンをしたい!という思いがあるみなさんと一緒に、私たちはよりたくさんの人たちにRhymoeプログラムを伝えていきたいと思っています。英語指導者のみなさまには、各種トレーニング無料説明会と資料をご用意しております。

お問い合わせ

Rhymoeについてのお問い合わせは、公式LINEにメッセージをお送りください。