お申し込み受付中

Rhymoe® Phonics

0~4歳で英語のリズムを感じるからだを育て、5~8歳でそれを音と文字につなげます。

小学校でローマ字が導入される前に、英語のナチュラルなリズムと発音、読み書きの基礎をしっかりと育てること、それが“あとのび”する本物の英語力の土台となっていきます。

Rhymoe® Phonicsとは

Rhymoe®理論をベースとした新しいフォニックスメソッドです。

Rhymoe®理論では、まずは自然な英語のリズムを体にしみこませることが最初の土台作りと考え、それに最適な時期を「リズム期(0~4歳位)」としています。リズム期は親子で楽しくバウンシングリズムに乗って、英語のリズム感を育てていきます。

幼児期にリズム感を身につけ、簡単なフレーズを言えるようになっても、子どもの世界が広がるにつれて日本語の干渉を受け、いつの間にか英語が消えていた…ということはよくある話です。

話し言葉は読み書き言葉につなげることで忘れにくくなります。

Rhymoe® Phonicsでは、英語の音を文字につなげる時期を「音文字期(5~8歳位)」とし、小学校3年生でローマ字が導入される前に、英語のリズムと発音、読み書きの基礎を定着させることを目指します。

0~4歳のリズム期に親子で英語のリズム感を体にしみこませ、5~8歳の音文字期に音と文字を認識し定着させ、“あとのび”する本物の英語力の土台を育てていきましょう。

 

Rhymoe® Phonicsの特徴

Rhymoe®オリジナルチャンツ

Rhymoe® Phonicsでは、英語のリズムや音の塊を身体全体で表現出来るようになることを第一に考えています。それを表現するために考案したのが、体の動きと音素認識を踏まえたRhymoe®オリジナルチャンツです。

Rhymoe®のフォニックスレッスンでは、まずチャンツとアクションサイン(チャンツの主となる動きをあらわしたサイン)を使って、英語のリズムと音の塊を体にいれます。

音素認識

Rhymoe® Phonicsは、3つの音素を1つのユニットし、全15ユニットで構成されています。

各ユニットごとに1つのチャンツがあり、チャンツには各ユニットでフォーカスする3つの音素が含まれています。チャンツで英語のリズムを表現したあとは、チャンツの中にある音素に注目し、それを数えたり、声に出したり、文字の形を確認したのち、その音素が含まれる単語を読んだり書いたりしていきます。

音素指導の際はオリジナルのハンドサインを用いて、英語の発音をわかりやすく導入することが出来ます。

音素ハンドサイン 全45音 公開! Rhymoe® Phonics Project
音素ハンドサインとは 音素ハンドサインとは、英語の音素(母音・子音)を指導するために、口の形や目には見えない息の流れ、舌の位置などをわかりやすく手で表現したものです。 英語の母音21個、子音24個、計45個の音素ハンドサインを考...

Rhymoe® オリジナルワークブック

チャンツと音素認識、単語練習をワークブックにまとめています。講師はこのワークブックに沿ってレッスンを進めることで、過不足なくRhymoe® Phonicsの要素を指導することが出来ます。

絵本

各ユニットごとにおすすめの絵本も紹介します。必ずその絵本を読まなければいけないという訳ではありませんが、そのユニットで学ぶ音素がよく出てくる絵本なので、自然な英語の文章の中でも音素認識につなげることができます。

絵本を選ぶ際もRhymoe®が大切にしている英語のリズムを重視しています。情緒的な物語性の高い絵本ではなく、英語独自のリズムや言葉遊びが楽しめる絵本を選んでいます。

 

Rhymoe® Phonics 詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました