WEBサイトリニューアル中

Rhymoe® Phonics

0~4歳で英語を感じるからだを育て、5~8歳でそれを文字につなげます。小学校でローマ字が導入される前に、英語のナチュラルなリズムと発音、読み書きの基礎をしっかりと育てること、それがあと伸びする本物の英語力の土台となっていきます。

Rhymoe® Phonicsとは

Rhymoe®プログラムをベースとした新しいフォニックスメソッドです。

現在日本に広く普及しているフォニックス教材は、日本語のストンピングリズムをベースに作られていたり、音声学の理論が欠如したまま母語の干渉を強く受けた音源になっていることが少なくありません

Rhymoe®メソッドでは、まずは自然な英語のリズムを体にしみこませることが最初の土台作りと考え、それに最適な時期を「リズム期(0~4歳位)」としています。リズム期は親子で楽しくバウンシングリズムに乗って、英語のリズム感を育てていきます。

幼児期にリズム感を身につけ、簡単なフレーズを言えるようになっても、子どもの世界が広がるにつれて日本語の干渉を受け、いつの間にか英語が消えていた…ということはよくある話です。

日本の学校教育では3年生(9歳)になるとローマ字が導入されます。ローマ字が与える英語教育への悪影響は、多くの大人が身をもって実感してきていることでしょう。

0~4歳のリズム期に育てた英語のリズム感は、「音文字期(5~8歳位)」に、しっかりと音を文字として認識し定着させることで、本物の英語力の土台となっていきます。

 

Rhymoe® Phonics トレーニング

教室でRhymoe® Phonicsを導入したい講師の方のために、トレーニングを用意しております。従来のRhymoe®トレーニングの一部と、発音指導法講座を受講することで、フォニックストレーニングを受けることが出来ます。

事前受講必須トレーニング

Rhymoe® 入門講座

Rhymoe® ワークショップ

Rhymoe® Lite インストラクタートレーニング DAY1

発音指導法講座①②③

Rhymoe® Phonics トレーニング

上記必須トレーニングを受講後に、Rhymoe® Phonicsのトレーニングを受講できます。トレーニング内容は現在準備中です。

 

タイトルとURLをコピーしました