お申し込み受付中

Rhymoe® Phonics

0~4歳で英語のリズムを感じるからだを育て、5~8歳でそれを音と文字につなげます。

小学校でローマ字が導入される前に、英語のナチュラルなリズムと発音、読み書きの基礎をしっかりと育てること、それが“あとのび”する本物の英語力の土台となっていきます。

Rhymoe® Phonicsとは

Rhymoe®理論をベースとした新しいフォニックスメソッドです。

Rhymoe®理論では、まずは自然な英語のリズムを体にしみこませることが最初の土台作りと考え、それに最適な時期を「リズム期(0~4歳位)」としています。リズム期は親子で楽しくバウンシングリズムに乗って、英語のリズム感を育てていきます。

幼児期にリズム感を身につけ、簡単なフレーズを言えるようになっても、子どもの世界が広がるにつれて日本語の干渉を受け、いつの間にか英語が消えていた…ということはよくある話です。

話し言葉は読み書き言葉につなげることで忘れにくくなります。

Rhymoe® Phonicsでは、英語の音を文字につなげる時期を「音文字期(5~8歳位)」とし、小学校3年生でローマ字が導入される前に、英語のリズムと発音、読み書きの基礎を定着させることを目指します。

0~4歳のリズム期に親子で英語のリズム感を体にしみこませ、5~8歳の音文字期に音と文字を認識し定着させ、“あとのび”する本物の英語力の土台を育てていきましょう。

 

Rhymoe® Phonics 詳細はこちら

※Rhymoe Phonics公式WEBサイトが開きます(Rhymoeとは別のサイトがございます。フォニックスに関するお問い合わせはRhymoe Phonics公式WEBサイトからお願いいたします。)

タイトルとURLをコピーしました