Rhymoe@明石火曜日クラス

今回は、加古川や神戸と遠くから来てくださった新しいお友達を、これまでずっと通ってくださりすっかりベテランとなった親子さんが温かく迎えてくださり、とても和やかな雰囲気の中楽しく過ごすことができました。

赤ちゃんの時から通ってくれたTちゃんは、成長の証「人見知り・場所見知り」が始まり、ここ数回は泣いてしまうことが多かったのですが、今回はお姉ちゃんとしてお片づけのお手伝い、そして”Twinkle Twinkle Little Star”の歌では一緒に歌ってくれました。いつも優しく見守っているお母さんも嬉しそうで、その成長ぶりにうるっとしてしまいました。

年長者のKくんは、はじめはシャイなのですが、とっても優しくて元気な男の子。参加者の中で自分が一番上だなぁ、お兄ちゃんだなということがよくわかっていて面倒見がいいのです。その頑張りがとても微笑ましかったです。

Rhymoeは、いつも参加者の方々が作り出してくれる雰囲気に支えられているとまたまた実感した1日でした。ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

1月のテーマは ” Snow”

前回の週末クラスでは、雪の雰囲気を出すのが難しいなと苦労をしたのですが、そこはさすがのYoshimi先生。ブラッシュアップを重ね、雪だるまの絵本を読んだ後にイラストボードで雪だるまを作ったり、スノーボールを投げたり、チュールのリボンを雪に見立てて遊んだり。豪華「雪づくし」でした。

温暖な明石では、なかなか雪にもご縁がないのですが、気分だけでも感じてもらえたらいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です