お申し込み受付中

英語講師の為の【Rhymoe英語絵本読み聞かせ講座】

 

今回は皆さんになじみのあるナーサリーライム”Wheels on the bus”を取り上げました!

Wheels on the busならば、ぜひご家庭に1冊取り入れてほしいと思うくらい、一押しの本。
Paul O. Zelinskyのしかけ絵本です。

仕掛けがすごすぎて、見入ってしまう子どもが続出。
そして触ってしまいたくなる子どもが続出。
私の絵本も、すでに車輪が一つ破壊されています (笑)
それくらい魅力的なので、どちらかというと大人数の読み聞かせには向きません(笑)

でも、この仕掛け絵本に含まれている多くの要素は、ライモーで非常に大切にしている「言葉のリズムと身体の動き」を表現しているのです。
だからこの絵本をめくりながら、歌を歌いながら、その歌に合わせて仕掛けを動かしてみていただきたいのです。
そうすると、見えてくる世界があります。

また、この絵本には、本筋のお話からちょっと外れたエピソードも組み込まれていて、それが非常に面白い!
表紙にも、面白いしかけがあるんです。

そんなトリビアの紹介や、著者であるZelinslyによる読み聞かせのビデオの鑑賞もして、ただの「歌に合わせて絵を楽しむ」ということにとどまらない奥の深い、この絵本の味わい方を共有させていただきました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 

9月からは読み聞かせ講座がリニューアルいたします!
そして、「Rhymoe英語絵本読み聞かせマスター」制度を
スタートさせます!詳細は後日お知らせしますね。ご期待下さい!

受講者の皆さまの感想

 

 

 

 

トレーニングの詳細はこちらからご確認いただけます。

トレーニング詳細・お申し込み方法はこちら

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました